Uncategorized

【国連第一委員会、被害国への支援を呼びかけるDU新決議案、圧倒的多数で採択】2014.11.3

【国連第一委員会、被害国への支援を呼びかけるDU新決議案、圧倒的多数で採択】2014年11月3日  先日お知らせしましたように、ニューヨークで開催されている第69回国連総会の第一委員会(軍縮・安全保障関連)に、非同盟運動(NAM)諸国により、「劣化ウランを含む武器・砲弾の使用による影響」(「劣化ウラン兵器国連決議」)に関する決議としては五回目となる新決議案が提案され、10月31日、圧倒的な賛成多数で採択されました。前回2012年二の第4回国連決議には、「ウラン兵器禁止を求める国際連合」(ICBUW)の働きかけもあり、「予防的アプローチ」が前文に盛り込まれました。今回の第5回決議には、さらに「被害国への支援の奨励」が項目として追加されました。

ML「ICBUW-Japan」としての再出発!

 ご存知のように、ヤフーグループのメーリングリストが4月16日でもって終了されますため、NO DU Hiroshima Project」は、Freemlに移行し、その名称は、「ICBUW-Japan」MLに変更することにいたしました。引き続き、劣化ウラン弾問題、放射能問題関連の全国的な情報交換のためのメーリングリストとしてご活用いただきたく存じます。  なお、現在のところ、「ICBUW-Japan」ML(旧NODU-Hiroshima Project ML)には、約240名の方々が登録されています。それでは、今後とも何卒宜しくお願いいたします。     草々                   嘉指信雄、 NO DU Hiroshima Project

「イラクにおける先天性欠損の途方もない増加 ——米英軍による軍事行動とのつながりを示す新たな調査——」 来月には、WHOも調査結果を発表

 イラク戦争中、最も激しい攻撃が行われたファルージャにおける先天性欠損症などの急増については、特にイギリスのメディアが繰り返し報じてきていますが、この10月14日にも、新たな調査結果に基づくリポートが掲載されました。以下、その概要です。

NATO射爆場での環境汚染を問う「サルディニアの致命的秘密」ドイツで放送(2012.8.26)

 NATO最大の射爆場があるイタリアのサルディニア島では様々な砲弾の実験・解体処理が行われてきていますが、1980年代から、牧畜を営む住民や家畜に多発するがんや先天性障害が問題となり、2005年には、地元法律家によって射爆場の閉鎖を求める訴訟が起こされるに至っています。