Monthly Archives: December 2015

 今年1月、89歳で死去した詩人で医師の丸屋博(筆名・御庄博実)さんから寄贈された資料を展示した「詩人・御庄博実 医師・丸屋博」展が、安佐南区の安田女子大図書館で、12月28日まで開かれています(平日午前9時〜午後6時)。  被爆者として、反戦・反核・反劣化ウランを訴え続けた丸屋先生の足跡をたどることができます。広島在住の方、ぜひ一度お運びください。以下、関連報道です。ご参考までに。 NHK「被爆医師 丸屋博さんの資料展」 (ニュースクリップ)http://bit.ly/1PPbbaL 朝日新聞(12月2日)「命と向き合い反戦詩 故・御庄博実さんの資料展」 bit.ly/1XOwBZW 毎日新聞(11月17日)「資料展 反戦の足跡たどる 詩人で医師、故・丸屋博さん寄贈 安田女子大で /広島」 bit.ly/1IOZIQH 中国新聞(11月12日)「被爆医師 丸屋博さんの資料展」 bit.ly/1SIvlRB

米国防省、劣化ウラン弾の代替物を探るため入札実施(2015.10)

 ICBUWからのニュースですーー2015年12月5日 「米国防省は、劣化ウラン弾への国際的非難を受け、劣化ウラン弾の代替物を探るための入札を10月に行った」というニュースです。  劣化ウラン弾は、米国以外にも多くの国が所有しており、また、湾岸戦争以降における使用による深刻な汚染・被害の問題が残されていますが、劣化ウラン弾問題が大きく展開し始めたことを意味するニュースであり、国連総会での5回に及ぶ、圧倒的多数による決議採択など、国際社会・国際キャンペーンの取り組みの具体的成果といえましょう。詳しくは、下掲のICBUWホームページをご覧ください。  US TENDERS FOR SAFER PENETRATOR MATERIALS BLAMING OPPOSITION TO DEPLETED URANIUM In welcome news for campaigners, it has emerged that the US is actively seeking less hazardous materials for its tank ammunition and is blaming the sustained opposition to…